2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Galerie CHIAKI

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月30日 (月)

掛川茶エンナーレ

台風一過、よく晴れました。

お天気がいいとなんだか忙しい。
あれもこれもやろうと気持ちが焦ります。
先週、お天気のいい日に掛川市で開催中の「掛川茶エンナーレ」に行って来ました。
Img_0192
掛川は清水と違い、文化的なことに力を入れています。
掛川城の近くにはたくさんの見所があります。
茶エンナーレも、二の丸美術館を始め、お城の周りにたくさん会場があります。
車で行くのなら、少し離れた会場にも足を伸ばしたら楽しいのですが、私はJRで出かけたので、
お城近辺をうろうろしました。
面白い作品もたくさんありましたが、「???」とか思うのもあったり、
天守閣でも展示があるというので暑い中登って見たら、1点だけだった…、なんてことも。。。
それでも、思い切って出かけて見てよかったです。
行って見なくてはわからないことばかりですからね。
やっぱり私は、見て経験したものを大切に生きて行きたいですから。
「茶エンナーレ」は、11月19日まで開催中。
イベントは週末に集中しています。
お天気のいい週末、出かけて見ては。

2017年10月18日 (水)

蘭字

久しぶりの日差しの中、月見公園では朝からゲートボールを楽しむ年配の方々の姿が見えます。

雨降り続きで、大好きなゲートボールができずに残念な日々を送っていたのでしょうね。
先週あんなに暑かったのに、今週はすっかり日向ぼっこが恋しい季節になりました。
あ〜、そして今年も終わっていく…、みたいなかんじですね。
秋は何かと忙しい季節です。
少し前、フェルケール博物館で開かれている「戦後の蘭字」展の開会式に行ってきました。
「蘭字」とは、開国とともに欧米に輸出された茶箱に貼り付けられた手摺りの商標です。
↓写真が縦になりません。。。
Img_0189_3
「JAPAN TEA」、会社名、それに色鮮やかな絵が摺られていてとても綺麗です。
1906年より清水からお茶が世界中に輸出されるようになり、この地にもたくさんの蘭字が残されているというわけです。
英語はもちろんのことフランス語、アラビア語などのものも多く、絵も風景、女性、ラクダ、蝶など本当に様々です。
開会式には、蘭字研究者の方々からとても興味深いお話を伺え、楽しい時間を過ごしました。
今週21日の土曜にも午後からシンポジウムがあるので、出かけてみようと思います。
ご興味のある方は、フェルケール博物館に電話で申し込みをしてくださいね。
入場は無料です。
今日また午後からお天気が下り坂?
晴れているうちに色々しなくては。

2017年10月10日 (火)

人形浄瑠璃

三連休、お天気も良く、色々な場所で様々なイベントが開かれていましたね。

金曜日はひどく荒れた天気で、体育館だから関係ないけどバスケの練習をサボってしまいました。
で、7日土曜は、人形浄瑠璃鑑賞に出かけました。
7月にd-labo静岡さんであったセミナーに参加させていただいて、観たいな〜と思っていました。
昼の部の「桂川連理柵」(かつらがわれんりのしがらみ、と読みます)を観ました。
とても簡単にいうと、帯屋の奥さんのいる38歳の養子が、隣の14歳の女の子と間違いを起こし妊娠させてしまい、心中。
という物語です。
話としてはそう珍しくありませんが、やっぱり人形の動きがいいですね〜。
本当に生きているような動きです。
細かいところまで神経がゆきとどき、最近の生きているかどうかわからないような人たちよりずっと血が通った感じです。
思わず笑ってしまったのは、可笑しみの場。
可笑しいのは当たり前ですが、大夫が大笑いして、人形も転げながら大笑いしているのに、人形使いが無表情。
そのギャップがたまらなくて大笑いです。
ロビーでは、人形とツーショット(実際には人形使いさんがいるので3人ですが)の写真も撮っていただき、
満足満足。

2017年10月 4日 (水)

人体の不思議

すっかり秋めいてきて、着るものを考えなくては…と思うこの頃です。

最近ジャージの日々で、たまに普通に出かけると、町の人たちと違う装いになっていたりします。
さて、先日の日曜から始まった、NHKの番組面白いです。
タモリと山中教授が司会をする人体の不思議の番組ですが、人体解明研究の最先端のお話です。
それこそ「細胞レベル」で映像を見せられ、目からウロコです。
体内の小宇宙、動的平衡を保つためにけな気に自分の仕事を全うする細胞たちが愛おしい。。。
それぞれの臓器が物質を放流し、血液に乗せて他の臓器とコミュニケーションをしているなんて、
「私、知らないよ」。。。
知らないうちに、全部やってくれていて、私は生かされています。
感謝しかありません。
宇宙を含む自然界のシステムは、本当によくできていて、知れば知るほどびっくりです。
こういうことを知れば、人を手にかける、ましてや武器を使い多くの人の命を奪うなんてできるはずがありません。
この番組オススメです。月一最初の日曜放送です。
自然界のシステムのお話の後、とても低いお話で、個人的なことですが、
昨日は水貼りの作業をしました。(私にとっては、大切なことです)
水で濡らした水彩紙を木製パネルに貼る作業です。
小さいサイズは慣れたものですが、昨日はM50という長辺が1メートル以上のものです。
水彩紙を裏側まで折り込むので、サイズを間違えるとえらいこっちゃです。
かといって、大きすぎてもやりにくいし、綺麗ではありません。
ま、そんなこんなで格闘です。汗までかいて。
体力をつけておいてヨカッタ、としみじみ思いました。
何をするにも体が大切。
無駄な体力はない。

2017年10月 1日 (日)

カレンダーのこと

10月1日です。

毎年この時期になると、「カレンダーはいりませんか〜?」と、会う人会う人に言って歩くのですが、
今年は残念ながら、しつこいカレンダー売りの声はありません。。。
以前からブログでお知らせしましたが、カレンダープロジェクトが終了しました。
長い間ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございました。
ご縁のあった団体に寄付活動ができたのも、皆様のおかげです。
私の活動を通し、また何かの形で社会貢献できそうなことを考えます。
その時はまたご支援くださいね。
よろしくお願いします。
さて、去年の10月1日は、「フェルケール博物館」での作品展オープンの日でした。
もう一年経ってしまうのですね。
今年は3、4月に作品展を終え、半年間はのんびりムードで、体力維持に努めてきました。
おかげでバスケも後輩たちの中に入れてもらえるように復活してきました。
フィットネスで「アスリート度」を上げるべくトレーニングしています。
この体力、そろそろ制作に向けることにします。
来年の作品展は、4月か5月にまた静岡の「d-labo」さんで開くことになると思います。
決定したら、またこのブログでお知らせしますね。
来年作品展のテーマは、自然とか植物です。
新しいチャレンジですので、うまくまとまるか、自分でもまだよくわかりませんが、
できたところまでです。
お楽しみに〜!

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »