2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Galerie CHIAKI

2018年1月23日 (火)

V8

昨日は寒い日でした。

大雪で大騒ぎの地域の方々、怪我しないようにお気をつけくださいね。
さて、ウチの掃除機ダイソンくんが、元気がなくなって来たのでネットで調べたら、
3年ぐらいでバッテリー交換が必要のようです。
もう5年半も使っているのだから交換しようと思いお客様センターに連絡したら、
バッテリーを外す部分がボタン式のは、バッテリー+モーター部分も取り替えの必要があるということで、1万6千円ぐらいかかるということ…。
ん〜ん。
と、ここで「買い替えのお客様には、最新型V8を38%OFFでご案内しています」という誘惑。
「家族と相談させてください」と言い家族会議。
購入決定!!
で、先日届きました。
いい、いいです。
いろいろ改善されていて、ノズル換えやゴミ捨てのボタンがスムーズになり、何と言っても音が…。
素晴らしく静かになりました。
掃除機をかけているとき、宅配便がきても気がつかないかもしれない、という心配もなくなりました。
家電などの技術はどんどん進化していますね。
進化していないのは私だけ?
いやいや頑張ってはいますよ。
紙の破れた30号、あとは仕上げを残すのみとなったので、いよいよ最後の50号にかかりました。
順調です。
身体を鍛えつつ、制作頑張ります!!

2018年1月10日 (水)

元気です!!

新年を迎えたというのに、何の動きもなく、「こいつは一体何をしているのか??」

と、少しだけ安否を気にしてくださったアナタ、ありがとうございます。
(大抵の方は気にしていないと思いますが…)
お正月二日から、制作に入っています。
あの、破れた水彩紙を貼ったパネル、描き始めました。30号の。
ほとんど家にいましたが、パソコンに向かう気になれず、描いていました。
ですから、いい感じに捗っているということなのでしょう。
破れたところは、「糊で貼る」という、暴挙というか、至極当たり前の行動に出て、
何とかしようとしています。
この作品も60%ほどまで来ています。
何と言っても、まだ50号が控えているため、ハイペースで進めないといけないわけで…。
が、今度は引きこもりのため、万歩計の数字が上がらず、慌ててフィットネス通いです。
バランスをとるのは難しいですね。
今年もいくつかのチャレンジを予定しているので、身体を大切に、というより、
ガンガン鍛えます。
今日も、ファンクショナル・サーキットというクラス、2人でしたが頑張って来ました。
このクラス、最初の頃はたくさんの人がレッスンを受けていたのに、だんだん減ってきましたが、
さすがに「2人」は初めてでした。
さあ、明日も筒を振り回して鍛える「ViPR」頑張ります。
今年もヨロシクおつきあいくださいね〜!!

2017年12月25日 (月)

最後のバッシュー

12月、年末気分は年々薄れていくけれど、何だか忙しいのはいつもの12月と変わりません。
誕生日や、関係ないけどクリスマスがあったりするからかな?
そんなときですが、人生最後のバスケットシューズをゲットしました。
誕生日プレゼントです。
Img_0295
今まで履いていたのが「最後」とずっと思っていたのですが、フィットネスで身体を鍛えると、
また多少動けるようになったので、バスケの試合は出なくても練習だけでもやろうかな、と思い始めていました。
そんなとき、バッシューでフィットネスに行ったら、ソールが硬化していて滑る滑る。。。
いつもは体育館が砂っぽっくて滑ると思っていたけれど、滑るのはシューズのせいとわかりませた。
そしたら、バッシュー新しくしなくてはヤバイってことになり新調しました。
ご存知の方もいるかもしれませんが、スポーツシューズってあまり履かなくても、
古くなるとあるとき、パカってソールが剥がれてしまうことがあるのですよ。
それは絶対に嫌ですからね。
締めのバッシューは、やっぱり「Jordan」です。
カッコいいでしょ!
もう少し練習だけでもバスケを続けてみます。
「まだやるのっ?」という後輩の声が聞こえて来そうですが…。

2017年12月21日 (木)

12月21日に思うこと

今日は私の誕生日です。

歳をとるのは嫌だから、誕生日は特に嬉しくない、という人もいるけれど、
私はいくつになっても生まれた日だからおめでたい、と思っています。
特に今年は節目の年。
病気もたくさんしたけど、よくぞこの年まで元気で生きてきた!
と、めでたさもメガ級です。
最初に思ったのは、40代の頃だったかな〜。
若くて死んじゃうのは結構残念だけど、いくつぐらいまで生きればまあいいかな?と思ったとき、
60歳ぐらいかな?と何となく思ったのが思い出されます。
さて、実際にその年になってみると…。
まあまあそんな感じです。
まだまだやりたいこともたくさんあるし、人生楽しいし、身体も元気なので、
もっとずっと続いたらそれはそれでいいなと思うけれど、
不思議なことに、何が何でもまだ死にたくない!という感じではありません。
人の生死は全くわかりません。
しっかり自分の考えを持って淡々と生き、お迎えが来たら「じゃ、この辺で」と終わっていけばいいのかな、と思います。
妙なことを書いていると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私はそんなことを考えながら暮らし、制作し、生きている1人の人間です。
お時間のある方は、これからもお付き合いくださいね。
こういう人間が、一番しぶとく長生きする、という話もあります。
そして何より心拍数の問題です。
動物も人間も一生の心拍数は変わらない、というお話です。
心拍数が異常に少ない私は、誰よりも長生きをしてしまう、ようです。
でも、安心してください。
フィットネスで追い込んで、心拍数が人並みになるように鍛えていますから。
昨日の身体測定の残念な結果のお話はまた後日。。。

2017年12月20日 (水)

大杉弘子作品展

すっかり冬になってしまいました。

風が強い日は辛いです。
そう、愛車の駐車場が機械式地下二階で、上昇してくるのに1分30秒、車を出庫させて、下降するのに同じく1分30秒かかり、その間ずっとボタンを押していなくてはならなくて、根性が必要です。
出不精にならないように祈るばかりです。
しかも一番停めにくい場所で、駐車技術が必要です、
バックビューモニターがあってよかった。。。
まだぶつけていません。
ぶつける前に知らせてくれますから。
さて、先週末、フェルケール博物館で開催中の「大杉弘子作品展」のオープニングに行ってきました。
Img_0271
前衛書家というくくりになるのでしょうか。
大杉さんは、1947年生まれ、小柄ながらとてもパワフル、明るいお人柄、作品はとても自由です。
様々な文字を研究し、世界でも評価が高い書家だそうです。
オープニング、ギャラリートークの後は、パフォーマンスも披露され、とても興味深かったです。
2月18日まで開催です。
お近くの方はお出かけくださいね。
私はといえば、50号2枚目がほぼ完成し、次のパネルも入手したので、次作品の準備に入りました。
そう、水貼りです。体力がいります。
懲りない私は、50号+30号までオーダーしてしました。
で、昨日水貼り作業をしたわけですが、大問題が発生!!
50号の紙をカットし、さて30号のサイズを測り、カットし始めたそのとき…、
丸まった紙が戻る力で、ビリビリ!
あろうことか、あの厚い水彩紙が破けました。。。初めてです。もう何十年もやっているのに。。。
人生何が起こるかわからない。
やり直し…、と思ったら、ロール紙終了!
その長さが残っていませんでした。ガクッ。
紙をカットするときに、「紙足りるかな?」と思ったけど、採寸して「なんとか足りる」と思ってホッとした矢先だけに、ショック大。
2枚は取れたんですけどね。
ただ今、どうしたもんかと思案中!
が、しかし、今日はフィットネスで筋肉量などを測る測定日。
そちらも大切。
仕事増やして忙しい。
急ぎますんで、また。

2017年12月13日 (水)

絶好調!

おはようさんです。
忙しくしています。したいことしています。
先週末、車屋さんのレクサスで、クリスマスコンサートがあり行ってきました。
コンサートは、「Rag Tag」という女性バンドで、それなりに楽しい時間を過ごせました。
が、話題はスイーツです。
コンサート前にティータイムがあり、スイーツがいただけるのです。
受付で写真のようなメニューをいただいたので、「ん〜ん、私はキャラメルポワールかな?」
なんて目をキラつかせ選択していたわけです。美味しそうでしょ!

Img_0270

が、しかし、いざその時になったら、ケーキ3つが一人分!!
セティボンのケーキ、普通に3つですよ!
驚きました。。。
普通サイズのケーキを午前10時半ごろ3つは厳しいでしょう。この歳で。。。
で、いただきましたよ、全部。
持って帰れるわけではないし、汚く残すのも…と思ったので。
ケーキを3つも一度に食べたのは、何十年ぶりだろう?と考えました。
高校時代、ジローのケーキ食べ放題で7つ食べたことはあるけれど、あとは思いつきません。
美味しかったけど、ほどほどがやっぱりいいですね。
さて、制作です。
やるときはやります。
年内50号完成を目指してビシバシやっています。
なかなかいい感じに仕上がってきました。
やめておけばいいのもを、完成が見えたら、「年内は無理でも50号をもう一枚描いちゃおうかな」なんて気を起こしてしまい、
パネルをもう一枚注文してしまいました。
体育会系です。
どこまでも負荷をかけます。
これで来春の作品展、50号が3枚になるわけですが、フタを開けたら2枚しかなくても、そのときはなかったことにしてくださいね。
とりあえずやってみます。暖かく見守ってください。

2017年11月27日 (月)

生きています。。。

ご無沙汰です。

案の定ブログアップできない生活です。
忙しくしています。
問題は作品制作が進んでいないことです。。。
が、しかし、何とかします。
亡くなった父がよく言っていました。「お前は帳尻を合わすのが得意だな」と…。
さてさて作品展のお話がまだだったような気がします。お伝えしましたかね?
最近周りの人間がよく口にする、「忘れっぽくなった…」が、私にも。。。
でも私はあまり気にしていません。忘れっぽいのは昔からだから。
そう、作品展は、今年と同じ静岡市の呉服町商店街にある、スルガ銀行さんが運営している「d-labo静岡」さんで開きます。
日程は、4月28日(土)から5月27日(日)までの一ヶ月ほど開かせていただけることになりました。
いい季節です。
皆さん、外に出たくなる季節です。
来年のテーマは「自然」です。
花や葉っぱ、木や海も描く予定(あくまでも予定)です。
もちろん富士山も描く予定(あくまでも予定、しつこいですか?)です。
いつも新しいことにチャレンジするので、どんなんになるか私にもわかりません。
が、帳尻を合わせます。(笑)
お楽しみに!!
週末、短大時代の文化祭実行委員の仲間が集まりました。
やっぱり学生時代の、笑い、涙、寝食を共にした仲間は格別です。
パワー全開!!

2017年11月 8日 (水)

順調に制作中

一日が、早い。。。

早すぎる。
歳をとると早いというけれど、それにしても。。。
今年も終わってしまうのね。
その前に、また一つ。。。
さて、最近の私はというと、お天気と気持ちの折り合いが悪く、実家の片付けが思うように進んでいません。
一方、作品制作は、割と迷わず順調です。
いい感じです。
50号の作品はもうじき完成で、次の50号に入るための準備、パネルに水彩紙を貼る水貼りを今日やりました。
これもイメージができていますので、「ブワァーッ!と描くだけ」、のはずです。。。
実家も気になるし、フィットネスにも行きたいし、ん〜ん、時間が足りない。
朝、新聞をゆっくり読むのをやめて、時間を作っています。
あとは何を削るか?
お酒飲んでる時間?
でもそれは「聖域」です。
ブログの更新がなかったら、とても充実していると思ってくださいね。
大丈夫、生きていますから〜。

2017年11月 1日 (水)

ゲノム

そう、先週末は大忙しで、お勉強会にも行って来ました。

Img_0202
「ゲノム」のお勉強会です。
難しい、というよりは、解ってないからお勉強に行ったわけです。
今日の静岡新聞に記事が載っていて、↑この一番中心の一番目立つ黒い人が私です。
すごい面白かったです。
が、ゲノムの研究は素晴らしいと思うのですが、実際に遺伝子組換えなどを行うとすると、(やっていますが…)
様々な問題山積です。
私としては、ゲノム解析をして病気の因子を知りたいと思いません。
先生たちも、心のどこかで「マズイ」とお思いの部分もあるのではないかとも思いました。
それにしても、どんな知識を得ても、結局は人の「生きること」に戻って来ます。
これからも私は、「生きること」を考えながら制作して行くのだなと思います。

11月1日

今日もよく晴れました。

今日は父の命日です。
16年前のこの日、旅立ちました。
当時住んでいた横浜と、両親の介護のために毎週通いつめていた清水との往復の日々でした。
東京赤坂での個展の最終日、実家の母の朝食を済ませてから、東京の画廊へ向かう前に、
病院の父を見舞いました。
「じゃっ、行ってくるね」という私の言葉に、ベッドに座って「おうっ!」と手を上げ笑顔で送り出してくれたのが最後になりました。
翌日夜急変し、横浜から車で清水に向かった時の月が印象的でした。
早いもので十七回忌、先週末法事を済ませました。
お昼のお弁当、梅陰寺近くの「梅芳園」さんにお願いしましたが、これが絶品!
見た目も綺麗で、ワクワク完食してしまいました。
皆さんもお試しください!

2017年10月30日 (月)

掛川茶エンナーレ

台風一過、よく晴れました。

お天気がいいとなんだか忙しい。
あれもこれもやろうと気持ちが焦ります。
先週、お天気のいい日に掛川市で開催中の「掛川茶エンナーレ」に行って来ました。
Img_0192
掛川は清水と違い、文化的なことに力を入れています。
掛川城の近くにはたくさんの見所があります。
茶エンナーレも、二の丸美術館を始め、お城の周りにたくさん会場があります。
車で行くのなら、少し離れた会場にも足を伸ばしたら楽しいのですが、私はJRで出かけたので、
お城近辺をうろうろしました。
面白い作品もたくさんありましたが、「???」とか思うのもあったり、
天守閣でも展示があるというので暑い中登って見たら、1点だけだった…、なんてことも。。。
それでも、思い切って出かけて見てよかったです。
行って見なくてはわからないことばかりですからね。
やっぱり私は、見て経験したものを大切に生きて行きたいですから。
「茶エンナーレ」は、11月19日まで開催中。
イベントは週末に集中しています。
お天気のいい週末、出かけて見ては。

2017年10月18日 (水)

蘭字

久しぶりの日差しの中、月見公園では朝からゲートボールを楽しむ年配の方々の姿が見えます。

雨降り続きで、大好きなゲートボールができずに残念な日々を送っていたのでしょうね。
先週あんなに暑かったのに、今週はすっかり日向ぼっこが恋しい季節になりました。
あ〜、そして今年も終わっていく…、みたいなかんじですね。
秋は何かと忙しい季節です。
少し前、フェルケール博物館で開かれている「戦後の蘭字」展の開会式に行ってきました。
「蘭字」とは、開国とともに欧米に輸出された茶箱に貼り付けられた手摺りの商標です。
↓写真が縦になりません。。。
Img_0189_3
「JAPAN TEA」、会社名、それに色鮮やかな絵が摺られていてとても綺麗です。
1906年より清水からお茶が世界中に輸出されるようになり、この地にもたくさんの蘭字が残されているというわけです。
英語はもちろんのことフランス語、アラビア語などのものも多く、絵も風景、女性、ラクダ、蝶など本当に様々です。
開会式には、蘭字研究者の方々からとても興味深いお話を伺え、楽しい時間を過ごしました。
今週21日の土曜にも午後からシンポジウムがあるので、出かけてみようと思います。
ご興味のある方は、フェルケール博物館に電話で申し込みをしてくださいね。
入場は無料です。
今日また午後からお天気が下り坂?
晴れているうちに色々しなくては。

2017年10月10日 (火)

人形浄瑠璃

三連休、お天気も良く、色々な場所で様々なイベントが開かれていましたね。

金曜日はひどく荒れた天気で、体育館だから関係ないけどバスケの練習をサボってしまいました。
で、7日土曜は、人形浄瑠璃鑑賞に出かけました。
7月にd-labo静岡さんであったセミナーに参加させていただいて、観たいな〜と思っていました。
昼の部の「桂川連理柵」(かつらがわれんりのしがらみ、と読みます)を観ました。
とても簡単にいうと、帯屋の奥さんのいる38歳の養子が、隣の14歳の女の子と間違いを起こし妊娠させてしまい、心中。
という物語です。
話としてはそう珍しくありませんが、やっぱり人形の動きがいいですね〜。
本当に生きているような動きです。
細かいところまで神経がゆきとどき、最近の生きているかどうかわからないような人たちよりずっと血が通った感じです。
思わず笑ってしまったのは、可笑しみの場。
可笑しいのは当たり前ですが、大夫が大笑いして、人形も転げながら大笑いしているのに、人形使いが無表情。
そのギャップがたまらなくて大笑いです。
ロビーでは、人形とツーショット(実際には人形使いさんがいるので3人ですが)の写真も撮っていただき、
満足満足。

2017年10月 4日 (水)

人体の不思議

すっかり秋めいてきて、着るものを考えなくては…と思うこの頃です。

最近ジャージの日々で、たまに普通に出かけると、町の人たちと違う装いになっていたりします。
さて、先日の日曜から始まった、NHKの番組面白いです。
タモリと山中教授が司会をする人体の不思議の番組ですが、人体解明研究の最先端のお話です。
それこそ「細胞レベル」で映像を見せられ、目からウロコです。
体内の小宇宙、動的平衡を保つためにけな気に自分の仕事を全うする細胞たちが愛おしい。。。
それぞれの臓器が物質を放流し、血液に乗せて他の臓器とコミュニケーションをしているなんて、
「私、知らないよ」。。。
知らないうちに、全部やってくれていて、私は生かされています。
感謝しかありません。
宇宙を含む自然界のシステムは、本当によくできていて、知れば知るほどびっくりです。
こういうことを知れば、人を手にかける、ましてや武器を使い多くの人の命を奪うなんてできるはずがありません。
この番組オススメです。月一最初の日曜放送です。
自然界のシステムのお話の後、とても低いお話で、個人的なことですが、
昨日は水貼りの作業をしました。(私にとっては、大切なことです)
水で濡らした水彩紙を木製パネルに貼る作業です。
小さいサイズは慣れたものですが、昨日はM50という長辺が1メートル以上のものです。
水彩紙を裏側まで折り込むので、サイズを間違えるとえらいこっちゃです。
かといって、大きすぎてもやりにくいし、綺麗ではありません。
ま、そんなこんなで格闘です。汗までかいて。
体力をつけておいてヨカッタ、としみじみ思いました。
何をするにも体が大切。
無駄な体力はない。

2017年10月 1日 (日)

カレンダーのこと

10月1日です。

毎年この時期になると、「カレンダーはいりませんか〜?」と、会う人会う人に言って歩くのですが、
今年は残念ながら、しつこいカレンダー売りの声はありません。。。
以前からブログでお知らせしましたが、カレンダープロジェクトが終了しました。
長い間ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございました。
ご縁のあった団体に寄付活動ができたのも、皆様のおかげです。
私の活動を通し、また何かの形で社会貢献できそうなことを考えます。
その時はまたご支援くださいね。
よろしくお願いします。
さて、去年の10月1日は、「フェルケール博物館」での作品展オープンの日でした。
もう一年経ってしまうのですね。
今年は3、4月に作品展を終え、半年間はのんびりムードで、体力維持に努めてきました。
おかげでバスケも後輩たちの中に入れてもらえるように復活してきました。
フィットネスで「アスリート度」を上げるべくトレーニングしています。
この体力、そろそろ制作に向けることにします。
来年の作品展は、4月か5月にまた静岡の「d-labo」さんで開くことになると思います。
決定したら、またこのブログでお知らせしますね。
来年作品展のテーマは、自然とか植物です。
新しいチャレンジですので、うまくまとまるか、自分でもまだよくわかりませんが、
できたところまでです。
お楽しみに〜!

2017年9月25日 (月)

同窓会終了!

昨夜の雨はひどかったけど、23日の同窓会は雨にもならず、無事終わりました。

最近大きなイベントで雨に降られることがなくなりました。
若い頃から大切な時に散々雨に降られたので、もう「雨女」返上かな?
これからは「晴れ女」やります。
さて、中学の学年同窓会です。
去年の終わりごろから仕込みをして、今年の春先から準備をして、色々話し合って(打ち合わせという飲み会?)
9月23日本番でした。
先生4人を含め、150人近くが集まりました。
卒業以来、初めての学年同窓会、反省点は多少あったものの盛会で、皆んなの笑顔がいっぱい見られました。
大成功だったと思います。
私は大したことしていませんが、運営に関われたことも含め、楽しかったです。
この節目の同窓会に出席できることは幸せです。
亡くなっている人、病気の人、いろいろな事情で参加できない人…、色々いる中で、
「懐かしいね」って皆んなに会えるなんて素敵なことだと思いました。
次の幹事さんたちに引き継ぎ、今年の大きなイベント終了です。
来年の作品展準備、そろそろ本気で取り掛かりま〜す!

2017年9月19日 (火)

台風一過、暑い。。。

台風が各地に爪痕を残し、去った後は「夏〜!」

昨日清水は、全国一の暑さ、参ります。。。
今日もそーとー暑いけど、風がやっぱり秋の風かな。
今日はちょっとした出会いが…。
と言っても、遭遇したのですが、この辺りに「のり」ののぼりを風になびかせ、
リヤカーに海苔の箱を乗せ、笠をかぶって歩いている海苔屋さんがいます。
その存在は知っていて、時々見かけるのですが、いつも車運転中で、気になっていました。
時々行くワイン食堂のマスターの知り合いの青年、ということまではわかり、
販売している味付け海苔を一度頂いて食べました。
美味しかったです。
ごま油と塩味がついていて、韓国海苔のようですが、もっと優しい味付けで、素材にこだわりがあります。
近所のスーパーに歩いて出かけ、そう、その前にパン屋さんと思って行った道でバッタリでした。
海苔、昆布、椎茸なども販売していました。
家が海苔屋さんで、お天気のいい朝〜午前中移動販売をしているそうです。
人当たりも良く、爽やかな青年で、オバサン的には応援したくなります。
通りがかりの人が気になって覗いていたから、「これ美味しいですよ」と声をかけたりして、
すっかり「お節介なオバサン」をやってきました。(サクラみたいだったかな〜?)
歩くコースが決まっているわけではないようなので、今度はいつ会えるのやら。
さてさて、今週末はいよいよ中学の学年同窓会。
去年の作品展のとき、友人2人とランチしていて「皆んなどうしているかね〜、学年同窓会しようか」
と言って企画した同窓会です。
私は大したことしていませんが、言い出しっぺとしては、なんとか盛会にしたいところです。
同窓生140人ほど、先生も3、4人ご出席くださるようです。
あまりに久しぶりで、わからない人続出になりそうなので、名札もつけます。
楽しみですね〜。
数十年前の記憶が蘇るか、少々心配な私です。

2017年9月11日 (月)

シーズン終了

朝晩涼しくなってきて、秋だな〜なんて思うと、今日は朝から暑い。。。

昨日は今シーズン最後のバスケの公式戦でした。
ということは、家庭婦人大会の最終試合です。
来年どうなるかわからないまま、シーズンを終えました。
この大会は、ブロック優勝をすれば東海大会進出です。
モチロン、ブロック優勝です。後輩たち強いです。
が、我がチーム、夏の全国大会に出場したので、二位のチームに出場権が移りました。
それでも勝って終われたのは、とても気持ちが良くて、嬉しいです。
私も二試合は少しだけ出していただきましたが、決勝は辞退をし、子守に専念でした。
子供がたくさんで、そりゃもう大変です。慣れてないし…。
でもまあ、少しでもチームに貢献できてよかったです。
ということで、皆んな怪我もなく最後のシーズンを終えました。
いつもはここで練習まで終わってしまう後輩たちですが、今年はこの後も頑張るそうです。
私は練習だけ参加でももういいかな、なんて思っています。
身体は鍛えているからもう少しできそうな気もするけど、強い気持ちがなくなった感じだから。
まっ、一般人ですから、やりたいときに楽しめばいいかなってモードです。
「まだやっているの」「もういいでしょう」と、周りから言われそうです。
怪我だけ気をつけて、楽しくスポーツをします。
何しろ、何もしないと1年に1パーセントずつ筋肉が減っていくそうですので。
10年後、10パーセント減っているなんて、考えただけでゾッとします。
皆さんも身体鍛えましょう!!

2017年9月 3日 (日)

この夏

今日は地区の運動会です。

開催場所の母校清水二中がすぐの場所にあるため、賑やかです。
この辺りでは、運動会など何か行事があると、音だけの花火が上がります。
これは「開催します」の合図なのですが、朝6時から上がるので起こされます。
近すぎるので、「パーン」という音の前の、「シュポッ」という音も聞こえます。
今日のように運動会があるのを知っている日はわかりやすいのですが、
そちこちで「パーン、パーン」と鳴ると、「今日はなんじゃ??」と、全く分からん。
でも、わかる人にはわかる。関係者には「開催する・しない」がわかるわけです。
古代人の狼煙を思わせる伝達手段。
このネット時代にあって、大昔から変わらない方法に、「ホッ…」とする私です。
数年私は、カレンダープロジェクトで忙しい夏を送っていました。
ここ3年ほどは、カレンダーの絵が「全て新作」なんて大変なことをしていたので、
それこそ夏は大忙しでした。
12枚の制作に、それをデータ化、色合わせなど忙しい仕事をこなし、8月末には納めていたわけです。
それから、10月に入るとカレンダー販売に入ります。
会う人会う人に「カレンダーはいりませんか?」と半分強要?で、10月末ごろまでに(他のカレンダー販売が始まる前に)ほぼ売り切り、
一年を終える、みたいな生活でした。
が、諸事情により今年からカレンダーがありません。
ゆったりしています。いいのか悪いのか、したいように過ごしています。
ということで、来年のカレンダーからなくなりました。
が、むしろ今まで作っていただけたのが幸運だったという気がします。
何事もそうですが、ずっと続くことなどあり得ません。
あることに、できることに感謝ですね。

2017年8月23日 (水)

皆既日食

毎日各地での異常気象が報道されています。

本当に暑いし、落雷、大雨、雹と大変なことです。
やっぱり、いつどうなるかわからない世界を生きているのですね。
時々私は家を出る時、
「この状況で帰らぬ人になった場合、この部屋は人として、標準をクリアしているか?」
と考える時があります。
それならいつもきちんとしていればいいのですけど…。
さて、21日は、アメリカ各地で皆既日食が見られたようですね。
私はテレビでしか見たことがないのですが、幻想的です。
今回の日蝕は、アメリカ大陸を横断する形で、14州で観測されたようです。
明るかった世界が、昼間なのにだんだんと暗くなり、また明るくなっていく。
宇宙って本当にすごい調和で成り立っているんだな〜と感心します。
日経新聞の記事では結構大きく取り上げられていて、アメリカの人たちが、皆んなで空を見上げている写真が掲載されていました。
そして、「思想に関係なく、全米が一体になれた」というインタビューも載っていました。
そう、自然の力はスゴイ!
空を見上げるだけで、一体感を感じられるなんて。
皆んな、スマホばかりのぞいてないで、空を見上げて、風を感じて生きていこうよ。
皆既日食は、数十年に一度のショウだけど、綺麗な空や雲、夕焼けなんかいつでも見られる。
私は日に何度も空を見て過ごしています。
ボンヤリし過ぎっていう声も聞こえてきそうですが…。

«シダの庭